スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Styx 「The Grand Illusion」

The Grand Illusion
88点 / 100点 1977年度アルバム

<メンバー>
Dennis DeYoung(Vocals)
Chuck Panozzo(Bass)
John Panozzo(Drums)
Tommy Shaw(Guitars)
James Young(Guitars)

<収録曲>
01. The Grand Illusion
02. Fooling Yourself (The Angry Young Man)
03. Superstars
04. Come Sail Away
05. Miss America
06. Man In The Wilderness
07. Castle Walls
08. The Grand Finale

アメリカのプログレ・ハード・バンドStyxの7枚目アルバム。
全米チャート最高6位にランクインし、最終的には300万枚以上のセールスを記録、トリプル・プラチナム・ディスクをもたらすまでに至ったアルバムになった。
小難しいところは一切なく、適度にプログレ感を持ちつつも前作に比べ若干ポップになって、心地よく聴き易い1枚だと思います。。

派手なイントロで始まり、メロディアスな歌メロが印象的なタイトル曲、#01「The Grand Illusion」。
ピアノの美しい調べから始まり、徐々にバンドが加わってきて美しく盛り上がっていく、#04「Come Sail Away」。
ギターリフがかっこよくてハードなナンバー、#05「Miss America」。
そして映画『エクソシスト』で有名なMike Oldfieldの「Tubular Bells」のメロディを組み込み、じっくりと盛り上がっていき幻想的且つドラマティックな、個人的には本作で一番のお気に入りである、#07「Castle Walls」。

プログレ風味とポップ風味のバランスが絶妙にいいアルバムなので、一聴の価値ありのお奨め作品です♪

◆音源紹介
#04 Come Sail Away



#07 Castle Walls







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Styx | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Styx 「Pieces of Eight」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Lawless 「Rock Savage」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。