スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Styx 「Cornerstone」

Cornerstone
85点 / 100点 1979年度アルバム

<メンバー>
Dennis DeYoung(Vocals)
Chuck Panozzo(Bass)
John Panozzo(Drums)
Tommy Shaw(Guitars)
James Young(Guitars)

<収録曲>
01. Lights
02. Why Me
03. Babe
04. Never Say Never
05. Boat on the River
06. Borrowed Time
07. First Time
08. Eddie
09. Love in the Midnight

アメリカのプログレ・ハード・バンドStyx
全米№1の座に輝いた大ヒット・シングル#03「Babe」を収録し、アルバム自体も初登場全米チャート第2位にランクインしたの9枚目アルバム。

ドラマティックなプログレ感がかなり減少し、ポップ感が増したコンパクトで洗練された音創りに方向転換したサウンドで、バンドの転換期になったと言えるのでしょうか(笑
ちょっと残念でなりません・・・

しかし、楽曲は日本人の琴線に触れる優れた曲は多いですよ♪

全米1位となったSTYX最大のヒット曲であり、Dennis DeYoungの透明感のある声が印象的な、#03「Babe」。
民謡調で哀愁漂う旋律が印象的なアコギ・バラードで個人的には大好きな、#05「Boat on the River」。
このアルバムの中では比較的ロックしていて、ギターリフがかっこよくリズムのいい曲、#06「Borrowed Time」など。
バンドの転換期と言える、記念すべきアルバムを聴いておくべし!!

◆音源紹介
#03 Babe



#05 Boat on the River






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Styx | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<The Answer 「Rise」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Styx 「Pieces of Eight」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。