スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

The Answer 「Everyday Demons」

Everyday Demons
82点 / 100点 2008年度アルバム

<メンバー>
Cormac Neeson(Vocals)
Paul Mahon(Guitars)
Micky Waters(Bass)
James Heatley(Drums)

<収録曲>
01. Demon Eyes
02. Too Far Gone
03. On and On
04. Cry Out
05. Why'd You Change Your Mind
06. Pride
07. Walkin' Mat
08. Tonight
09. Dead of the Night
10. Comfort Zone
11. Evil Man

アイルランドのハード・ロック・バンドThe Answerの2ndアルバム。

相変わらず楽曲の雰囲気はZEP節で、Cormacはより力強く、ギターも弾きまくっている感がありますが、前作に比べるとキャッチーなメロディが増え、ポップになって聴き易い方向へシフトしていっているような気がしました(笑
ゴキゲンなアルバムなのは間違いないですが、個人的には荒々しさの残る、前作の方がお気に入りですね♪

疾走感溢れる、正統派ブリティッシュ・ロックという感じのオープニング曲、#01「Demon Eyes」。
ドラムのタムの回しがめまぐるしく、思わず叩いてみたい!!と思った、#02「Too Far Gone」。
ミディアムテンポながら、じっくりと渋く聴かせてくれる、#08「Tonight」。

◆音源紹介
#01 Demon Eyes&#02 Too Far Gone



#08 Tonight







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | The Answer | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<BURRN! 2013年11月 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | The Answer 「Rise」>>

この記事のコメント

このアルバムもいいですね♪
音源紹介でライブ映像を見ることができてよかったです。
“AC/DCの角”付けたお客さんが大勢いますね~(笑)
2013-10-08 Tue 12:43 | URL | Lovegun #- [内容変更]
Lovegunさん

続けさまのコメント有難うございます♪
“AC/DCの角”付けたお客さん・・・
余りの多さに私もビックリしました。
何か意味合いがあるんでしょうか??

3枚目は更にポップになってますが、
4枚目がどのようなアルバムになっているか、
聴くのが楽しみですね♪
2013-10-08 Tue 23:11 | URL | テンちゃん #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。