スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Eden's Curse 「Eden's Curse」

Eden's Curse_2007
89点 / 100点 2007年度アルバム

<メンバー>
Michael Eden(Vocals)
Ferdy Doernberg(keyboards)
Paul Logue(Bass)

<収録曲>
01. Book of Life (Intro)
02. Judgement Day
03. Eyes of the World
04. Stronger Than the Flame
05. Voice Inside
06. After the Love Is Gone
07. Fly Away
08. What Are You Waiting For
09. Eden's Curse
10. Don't Bring Me Down
11. Heaven Touch Me
12. Bruce (Intro)
13. Fallen King
14. We All Die Young
15. After the Love Is Gone(Acoustic Version)
16. Eden's Curse(Radio Edit)
17. Voice Inside(Acoustic Demo)

メロディアス・ハード・ロック・バンド、Eden's Curseの1stアルバム。
アメリカ人ヴォーカリストMichael EdenPink Cream 69とも親交のあるPaul LogueRough SilkDomainなどで活躍したFerdy Doernbergらを中心に結成されています。

楽曲はヘヴィなギターリフに伸びやかな歌声が好印象を与えるヴォーカルの歌メロがからむというパターンで、ウェットで湿り気のある叙情メロディがいいですね♪ 弾きまくりのギター、そしてキャッチーでフック満載の楽曲満載です。

映画のサントラのような#01「Book of Life (Intro)」から#02「Judgement Day」への展開、同様に#12「Bruce (Intro)」から#13「Fallen King」への展開は個人的に鳥肌もんです!!
また、#02「Judgement Day」と似たような展開ですが、哀愁があってギターが頑張っている、#03「Eyes of the World」や切ないメロディとメロウなキーボードサウンドがロマンチックな、#06「After the Love Is Gone」、始まりのギターがかっこよく、その後メロディックに展開する#08「What Are You Waiting For」など、終始キャッチャーかつメロディアスな曲が続きます♪

メロハー好きにはたまらない1枚なので、是非聴いて欲しい一枚です!!

◆音源紹介
#03 Eyes of the World



#06 After the Love Is Gone







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Eden's Curse | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Eden's Curse 「The Second Coming」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | BURRN! 2013年11月>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。