スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Eden's Curse 「The Second Coming」

The Second Coming
86点 / 100点 2008年度アルバム

<メンバー>
Michael Eden(Vocals)
Ferdy Doernberg(keyboards)
Paul Logue(Bass)
Thorten Koehne(Guitars)

<収録曲>
01. Reign of Terror (intro)
02. Masquerade Ball
03. Angels & Demons (Feat.Pamela Moore)
04. Just Like Judas
05. Sail On
06. Lost in Wonderland
07. West Wind Blows
08. Signs of Your Life
09. Man Against the World
10. Raven's Revenge
11. Lost Soul
12. Games People Play
13. Ride the Storm
14. Man Against the World (Alt. mix)
15. What Are You Waiting For(Karaoke. mix)

メロディアス・ハード・ロック・バンド、Eden's Curseの2ndアルバム。

いやぁ~相変わらずいい感じにぐいぐいきますね♪
今回も前作同様、ヘヴィなギターリフに伸びやかな歌声が好印象を与えるヴォーカルの歌メロがからむというパターンでなので、安心して聴くことができます!!
今作はゲストとして、あのQueensrycheの『Operation: Mindcrime』でシスターメアリー役で歌っていた女性ボーカルPamela Mooreが参加しているのが、個人的には嬉しかったです。
※実際に聴くと、シスターメアリーを思い出します(笑

犬の鳴き声、楽しそうなメリーゴーランド?の雰囲気から、1発の銃声により恐怖のドン底におちる悲鳴幕を開ける#01「Reign of Terror (intro)」から#02「Masquerade Ball」への展開は、聴く者を一気に牽きつける効果が絶大!!
そして、Pamela Mooreとの絡みがとてもいい、躍動的なメタリック・チューンである、#03「Angels & Demons」。
サビのメロディがとにかく素晴らしい#04「Just Like Judas」など、終始適度なヘヴィさを保ったメロディアス・ハードとして日本人好みの楽曲が続きます。

この手の音楽が好きな人にはツボをぐいぐい押してくるアルバムなので、是非一聴して欲しいです。
ジャケットは断然前作の方がいい!!(笑


◆音源紹介
#02 Masquerade Ball



#03 Angels & Demons







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Eden's Curse | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Eden's Curse 「Trinity」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Eden's Curse 「Eden's Curse」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。