スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Styx 「Paradise Theater」

Paradise Theater
89点 / 100点 1981年度アルバム

<メンバー>
Dennis DeYoung(Vocals)
Chuck Panozzo(Bass)
John Panozzo(Drums)
Tommy Shaw(Guitars)
James Young(Guitars)

<収録曲>
01. A.D. 1928
02. Rockin' the Paradise
03. Too Much Time on My Hands
04. Nothing Ever Goes as Planned
05. The Best of Times
06. Lonely People
07. She Cares
08. Snowblind
09. Half-Penny, Two-Penny
10. A.D. 1958
11. State Street Sadie

アメリカのプログレ・ハード・バンドStyxの全米チャート第1位にランクインした10枚目。

前作よりさらにプログレ感が減少しましたが、ポップでキャッチーでスウィートなメロディ、明るくともどこかセンチメンタルな雰囲気に包まれた楽曲の数々が散りばめられたアルバムになってます。まるで優れたミュージカルを見ているかのような、流麗にしてダイナミックな構成で仕上がっており、完成度の高さには驚かされますね♪

オープニング#01「A.D. 1928」からそのまま開始される躍動感溢れる#02「Rockin' the Paradise」。
前作「Babe」と並ぶStyxの2大バラードのひとつ、#05「The Best of Times」。
1st Verseの部分は、#01と#10にも使用されている名旋律で、単曲で聴いても素晴らしいが、アルバムを通して聴くと印象が全然変わってきます!!
ブルージーでノリノリな#09「Half-Penny, Two-Penny」から名旋律の#10「A.D. 1958に繋がって締めくくるあたり、もう最高です!!

メロディ愛好家なら聴かずにはいられない、AOR/産業ロック史に燦然と輝く名盤ではないでしょうか♪

◆音源紹介
#02 Rockin' the Paradise



#05 The Best of Times







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Styx | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Styx 「Kilroy Was Here」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Vanden Plas 「The God Thing」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。