スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Styx 「Kilroy Was Here」

Kilroy Was Here
83点 / 100点 1983年度アルバム

<メンバー>
Dennis DeYoung(Vocals)
Chuck Panozzo(Bass)
John Panozzo(Drums)
Tommy Shaw(Guitars)
James Young(Guitars)

<収録曲>
01. Mr. Roboto
02. Cold War
03. Don't Let It End
04. High Time
05. Heavy Metal Poisoning
06. Just Get Through This Night
07. Double Life
08. Haven't We Been Here Before
09. Don't Let It End [reprise]

アメリカのプログレ・ハード・バンドStyx
本国はもとより日本でもシングル・カットされ大ヒット、「ドモ アリガト ミスター・ロボット マタ アウヒマデ」という歌詞で、ロックに興味のない人も含め、良くも悪くも高い知名度を誇る11枚目アルバム。

プログレ色は全く排除され、曲だけみればよく出来たポップアルバムと言えますが、個人的な好みから言えば前作を含む過去作が素晴らし過ぎて、残念でありません。
ただ唯一の救いと思えるのは、少し明るめの#03「Don't Let It End」、切なく物悲しい#06「Just Get Through This Night」、静から動への展開がたまらなく感動的でハーモニーが美しい#08「Haven't We Been Here Before」などタイプの違うバラードが3曲収録されていて充実していることでしょうか。

◆音源紹介
#01 Mr. Roboto



#08 Haven't We Been Here Before







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Styx | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Kiss Mステーション出演 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Styx 「Paradise Theater」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。