スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Edguy 「Theater Of Salvation」

1999
★★★★☆(1999)

メロディック・パワー・メタルの教科書のような一枚ですね。

荘厳なイントロ①Healing Visionから疾走チューン②Babylonへなだれ込み、オーディエンスの合唱を誘うコーラスを備えたヘヴィかつキャッチーな曲③Headless Game、そしてバラード④Land of the Mircaleへと続きます…
そして最後は10分を超えるドラマティックな大作⑪Theater of Salvationで締める、というアルバムの構成、そして個々の楽曲の完成度、どれも文句のつけようがないですね。

トビアス・サメットの力強い歌声はサウンドの核として強い存在感を放っており、当代ジャーマン・メタルの代表格たるに相応しい完成度を示した充実作と言えます。

【音源紹介】
Theater of Salvation pt1

Theater of Salvation pt2


曲目リスト
1. Healing Vision
2. Babylon
3. Headless Game
4. Land of the Mircale
5. Wake Up the King
6. Falling Down
7. Arrows Fly
8. Holy Shadows
9. Another Time
10. Unbeliever
11. Theater of Salvation

お気に入り:⑪Theater of Salvation

スポンサーサイト

別窓 | Edguy | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Allen・Lande 「The Battle」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Edguy 「Vain Glory Opera」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。