スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Eden's Curse 「Symphony Of Sin」

Symphony of Sin
88点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2011年04月号 87点(kawai)

<メンバー>
Thorsten Koehne (Guitars)
Paul Logue (Bass)
Pete Newdeck(Drums)
Steve Williams(Keyboards)
Nikola Mijic(Vocals)

<収録曲>
01. Symphony Of Sin
02. Break The Silence
03. Evil & Divine
04. Unbreakable
05. Fallen From Grace
06. Losing My Faith
07. Rock Bottom
08. Great Unknown
09. Turn The Page
10. Sign Of The Cross
11. Wings To Fly
12. Devil In Disguise
13. Where Is The Love?

バンド名にも付けられており、バンドの中心メンバーであったMichael Eden(Vo)とイタリア人キーボード、Alessandro Del Vecchioが脱退し、新たにセルビア人シンガー、Nikola Mijicと、元Power Questのキーボーディスト、Steve Williamsを迎え、新体制で制作された通算4枚目のアルバム。

新ヴォーカルのNikolaの中音から高音の声質はSteve Perryを感じさせ、低音はJorn Landeのような歌いまわしをするといった感じでかなり上手いのではないかと思います。
※あっ、個人的にそう感じる・・・ってだけですよ(笑

Michael Eden自身が居ないので、バンド名がそのままでいいのか?という疑問は残りますが、別バンドと考えれば、本作は予想以上になかなかいい出来で、ドラマティックに始まり、その後メロディアスな楽曲が続く、個人的には満足のいくアルバムに仕上がってて嬉しいです♪
Michael Edenの声に固執しなければ、成熟したバンドが生まれたといって過言ではないのではないでしょうか!!
今後にますます期待が高まります♪

◆音源紹介
#01 Symphony Of Sin



#03 Evil & Divine







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Eden's Curse | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | King Kobra 「II」>>

この記事のコメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-02-20 Thu 13:15 | | # [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。