スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Allen・Lande 「The Battle」

_SL500_AA300_
★★★★☆(2005)

SYMPHONY Xのボーカル、Russell Allenと、様々なプロジェクトでその強力な歌声を披露し、現在は「MASTERPLANのヴォーカリスト」と形容するのが最も通りがいいであろうJorn Landeによる共演アルバム。

2人ともその筋では名の通った実力派シンガーゆえ、彼らの名前で手を出すファンも多いことだろうが、本作の陰の主役は全曲の作詞作曲・アレンジを手掛け、G、B、Keyと、Dr以外全ての楽器をプレイしている才人、Magnus KarlssonLAST TRIBE)。

もともと本作は欧州No.1メロディアス・ハード専門レーベルである「Frontiers」のオーナーがMagnusにAOR寄りの楽曲を発注し、その音楽を歌うに相応しく、かつ話題性のある歌い手を探した結果、RussellJornに決定した、という制作過程を経て生まれた作品です。

曲はメロスピ、シンフォ系ではなく、王道ハードロックとメロパワを合体した感じでアコースティック 楽器なんかも非常に控えめに、品良く取り入れてます。 楽曲のクオリティは非常に高く、文字通り「捨て曲なし」という形容が相応しいですね。特にデュエットによるバラード⑫The Forgotten Onesはドラマティックな名曲。

【音源紹介】
The Forgotten Ones


曲目リスト

1. Another Battle
2. Hunter's Night
3. Wish for a Miracle
4. Reach a Little Longer
5. Come Alive
6. Truth About Our Time
7. My Own Way Home
8. Ask You Anyway
9. Silent Rage
10. Where Have the Angels Gone
11. Universe of Light
12. Forgotten, Ones

お気に入り:⑫The Forgotten Ones

スポンサーサイト

別窓 | Allen・Lande | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Allen・Lande 「The Revenge」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Edguy 「Theater Of Salvation」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。