スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Allen・Lande 「The Revenge」

2007
★★★☆☆(2007)

前作が欧州のメロディアス・ハード・ファンの間で大好評だったためこうして2作目のリリースが実現したとのこと。
前作に引き続き作詞作曲アレンジ、Drを除く全ての演奏はMagnus Karlsson

前作から本作のリリースまでには2年弱のインターバルがあるとはいえ、
その間にTony O'horaの初ソロアルバム(こちらも全曲Magnus によるもの)と、PLANET ALLIANCEへの参加を経ているので、かなり精力的な制作状況といえますね。

ただ、そのためか本作に収められた楽曲のクオリティは正直前作に及んでいないような・・・
むろんそんじょそこらのアルバムに比べたらはるかに高品質だと思いますが、前作の名曲ラッシュぶりを考えると、物足りなさは否めません。

もっともそれは、今回は制作当初からRussell AllenSYMPHONY X)とJorn LandeMASTERPLAN)という歌い手が想定されていたために、かえって作曲に制約が設けられてしまったのかも知れませんね。

いやぁ~、前作から何にリベンジしたかったんでしょう。
実に残念です。

曲目リスト
1. Revenge
2. Obsessed
3. Victory
4. Master of Sorrow
5. Will You Follow
6. Just a Dream
7. Her Spell
8. Gone Too Far
9. Wake Up Call
10. Under the Waves
11. Who Can You Trust
12. When Time Doesn't Heal

スポンサーサイト

別窓 | Allen・Lande | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Rage 「Unity」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Allen・Lande 「The Battle」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。