スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

A.C.T 「Silence」

2006
★★★★☆(2006)

スウェーデンのプログレハードバンド、A.C.Tの4枚目。

技巧的な音楽を作り出せる知性とテクニックがありながら、難解さよりもあえて分かりやすさとキャッチーなメロディを前に出すというやり方が個人的にかなりツボにはまってます(笑
3年ぶりの新作となったこのアルバムは、まさしく彼らのそうしたセンスが爆発した傑作ですね。

前作から参加のThomas Lejonは、今作ではツーバスの取り入れ方など新たな一面を見せつつ、楽曲の方向性を完璧に理解したプレイぶりがさすが。

キャッチーでありながら哀愁の叙情を感じさせるメロディはいっそう引き立ち、ちょっとした細かなアレンジの面でも、その類まれな知性を感じさせるのがやはり素晴らしく、歌メロにかぶさる絶品のストリングスアレンジなども、泣きのつぼを刺激しまくり!!

ラストの9パートに分かれた20分の組曲は、ドラマティックでそしてしっかりとプログレしており、これまでの彼らの大曲では最高の出来映えではないでしょうか。
メロディの充実という点でまさに傑作アルバムに仕上がってます。

【音源紹介】
Joanna

曲目リスト
1. Truth Is Pain
2. Puppeteers
3. Wonderful Earth
4. Out Of Ideas
5. Hope
6. Into The Unknown
7. No Longer Touching Ground
8. Useless Argument
9. The Voice Within
10. Call In Dead
11. Silent Screams
12. Introduction
13. The Millionaire
14. Joanna
15. A Father's Love
16. Memory To Fight
17. The Diary
18. A Wound That Won't Heal
19. The Final Silence

スポンサーサイト

別窓 | A.C.T | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Ayreon 「Into the Electric Castle」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Edguy 「Hellfire Club」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。