スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Last Autumn's Dream 「Ⅱ」

_SL500_AA300_
★★★☆☆(2004)

スウェーデン屈指の哀愁シンガーMikael Erlandsson
FAIR WARNINGの叙情派ドイツ人ギタリストAndy Malecek
コラボレート・プロジェクト
LAST AUTUMN’S DREAMの2nd アルバム。

Mikaelのハスキーなスウィート・ヴォイスと
Andyがエモーショナルに弾きまくる叙情フレーズが
見事にマッチした哀愁ハード・ポップの旋律美。
爽快・叙情を兼ね備えたメロディが詰まったアルバムと言えるでしょう。

厚いハーモニーと心温まるメロディが染み渡るポップナンバーUp In Paradisee
アコースティックGによる静けさの中で
優しげに
歌い上げるMikaelにハートを鷲掴みされるバラード
(Always Be) You And I
切なさが伝わる美しいバラードSo Much Love In The World
アメリカンハードの雰囲気を含んだポップナンバーThis Gotta Be Love
切ないまでの哀愁を感じさせるミドルBrand New Lifeなど
聴かせる曲が多い。

ボーカルを際立たせるためなのか、惜しまれるのが全体的に軽さの目立つ音作り。
特に、Marcel Jacob独特のグルーヴィなベース・ラインが
余り目立たないのが実に勿体ない。

曲目リスト
1. Fire With Fire
2. Up In Paradisee
3. Keep Falling
4. Running
5. (Always Be) You And I
6. Heat Of Emotion
7. Helpless
8. Over & Out
9. So Much Love In The World
10. Lost In You
11. This Gotta Be Love
12. Round & Round
13. Brand New Life
14. A Place To Hide In Town
スポンサーサイト

別窓 | Last Autumn's Dream | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<【ニュース】 Mike PortnoyがDREAM THEATERから脱退! | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Vanden Plas 「The Seraphic Clockwork」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。