スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Rainbow 「Difficult To Cure」

_SL500_AA300_
★★★★☆(1981)
イギリスのハードロックバンドRainbowの5thアルバム。邦題は「アイ・サレンダー」
1980年8月16日にイギリスで開催された
第1回モンスターズ・オブ・ロック・フェスティバルを最後にCozy Powellが脱退(この時点で既に後任のドラマーとしてBob Rondinelli
決定しており、同フェスティバルでCozyと顔を合わせている)。同年9月から、デンマークのコペンハーゲンにある
スウィート・サイレンス・スタジオで本作の録音が開始されたが、
制作途中でGraham Bonnetが脱退。急遽オーディションが行われ、
Joe Lynn Turnerに決定した経緯を持つアルバム。Joeは加入してすぐ、プロデューサーのRoger Gloverとともに
十日間に渡ってスタジオにこもって録音を行っているが、加入した時点で作品の多くが収録済みであったため、
作曲そのものには関与していない。
リーダー・トラックである①I Surrenderは、前作Down To Earth収録曲「Since You Been Gone」に
引き続いてRuss Ballardの曲。メロディアスな④MagicBrian Moeranの曲。⑨Difficult To Cureはベートーベンの交響曲第9番・歓喜の歌を
アレンジしたもので、
Ritchieが狂おしく叙情的に弾きまくるソロや、
ドラマティックに盛り上げるエンディングのドラムが感動的です!!



そのほかはオリジナル。
DEEP PURPLE時代から輝かしい実績を持つRitchieが、
外部ライターの曲をリーダー・トラックに据えるというのは、
今考えると意外ですが、文句なしに良い曲でもあり、大ヒットを記録。















【音源紹介】 ・Difficult To Cure








メンバー
Joe Lynn Turner(V.) Ritchie Blackmore(G.) Don Airey(Kb.) Roger Glover(B.) Bob Rondinelli(D.) 曲目リスト 1. I Surrender2. Spotlight Kid3. No Release4. Magic5. Vielleicht Das Nachste Mal (Maybe Next Time)6. Can't Happen Here7. Freedom Fighter8. Midtown Tunnel Vision9. Difficult To Cure
スポンサーサイト

別窓 | Rainbow | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<FireWind 「Where The Eagles Fly」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Rainbow 「Down To Earth」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。