スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Allen・Lande 「The Showdown」

2010
★★★★☆(2010)

SYMPHONY XRussell AllenMASTERPLAN
復帰したJorn Landeが競演、
演奏と曲作りにはMagnus Karlsson(ここでは、
Guitar以外にBass、 Key.もプレイしています)という
強力プロジェクトの3rdアルバム。 前作から3年ぶりですね♪

2005年の「The Battle」の出来が余りにも素晴らしかったのに対し、
 2007年の「The Revenge」が個人的に不評だったので、
正直余り期待はしていま せんでした(笑
(BURRN!での評価も76点と確か低めだったはず・・・)

しかし、聴いた感想としては「いいじゃない!!」

アルバムの出来としては及第点以上だと思います。
1stのように身震いし、涙がこぼれるほど美しいバラードも
収録されてませんが、2stよりは出来が良く、
全体的にシャープになった印象があります。

しかし相変わらずMagnusが書く曲は本当に素晴らしい。
一度アルバムを再生すると、スキップする 楽曲はないんですよねぇ。
それだけ一曲一曲のクオリティはそれなりに 高いと言うことが言えます。

ただ、このプロジェクトの熱烈なファンとして
あえて苦言を言わせてもらうと、
2人のビッグ・ネームを擁しながら、
この作品にお いてヴォーカルのスタイルが
似たものになってしまっているので、「違いが良く分からない
(=2人いる意味 ないじゃない!)」ということです。

歌声と歌い回しが似ている。どっちがどっちに似てきたのか
分かりませんが、さらに似てきたような気がします(笑

また、作品の雰囲気が今までの延長でしかないので、
もっと冒険させても良かったんじゃないかなぁ~

曲はオープニングから、
強力な①The Showdown、②Judgement Day
のメロハーナンバーで始まります。
個人的には④Turn All Into Gold、⑤Bloodlines、⑥Copernicusがお気に入り。キーボードの使い方が◎ですね。
The Artistはアルバム全体の中に一番好きです♪

これからAllen・Landeを聴いてみようと言う方には
私は1stから聴いてみることをオススメいたします。

ただしこの3rdアルバムも決して悪い作品ではありません。
全楽曲が十分に平均点以上のクオリティは持っている作品なので、
今作から聴かれてもなんら問題はないんじゃないいでしょうか。

【音源紹介】
The Artist



曲目リスト
1. The Showdown
2. Judgement Day
3. Never Again
4. Turn All Into Gold
5. Bloodlines
6. Copernicus
7. We Will Rise Again
8. The Guardian
9. Maya
10. The Artist
11. Eternity
12. Alias (bonus track)



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。

スポンサーサイト

別窓 | Allen・Lande | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Mr.Big 「What If...」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Leverage 「Circus Colossus」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。